沖縄レンタバイクの「沖縄の交通事情」

沖縄レンタバイク レンタルバイクの予約

沖縄の交通事情

沖縄の交通事情


テレビに映る沖縄は「青い空と緑の海」ばかり目立ちますが、沖縄本島の場合は北部リゾートエリアの景色だったりする事が多いのです。
那覇空港から那覇市内に入ると、そこは県庁所在地、それなりの地方都市なのです。
したがって、通勤時間帯や夕方は自動車が多く、渋滞を引き起こしています。特に雨天時は最悪です。
ご存じでしょうが沖縄に電車はありません。それらしいものは唯一「ゆいレール」だけです。しかし那覇の一部だけのごく短距離運行なのです。
電車がない代わりに路線バス網が発達していますが、観光客には複雑でわかりにくく、しかもダイヤ遵守もイイカゲンで利用しにくいのが現状です。
やはり定番は自動車なのです。しかしレンタカーを利用される場合は帰りの時間帯に注意してください。
沖縄に着いた時が渋滞時間でない場合は渋滞を意識することがありません。しかし帰りが渋滞時間帯だったら・・・しかも雨だったりしたら・・・結果、飛行機に間に合いません。
また、バスレーン規制にもご注意下さい。バス・タクシー・二輪車は通れますがレンタカーなど一般の自動車は通れません。
日曜日午後からの国際通りもご注意下さい。トランジットモール(歩行者天国)で車両は通行できませんので。



沖縄の道路事情


沖縄の道路は濡れるとものすごく滑ります。
特に「排水性アスファルト」という最新の舗装は、雨で濡れるとまるで雪道のように滑ります。
したがって、雨の日の交通事故が非常に多いのです。
58号線やモノレール下の小石ばっかりの様な灰色のアスファルトがそれです。しかも一見するとグリップが良さそうに見えます。これは経年変化で年々ひどくなっています。
軽自動車で簡単にホイルスピンします。二輪車にとっては恐怖のアスファルトです。
雨が降ると絶対に安全運転を心がけてください。
ちなみに高速道路のアスファルトは本土の砂利を使っていますのでご安心下さい。
また幹線道路以外はけっこう路面が荒れている所もあります。路盤が弱いため重量車が通らなくてもデコボコになりやすいのです。
さらに土地勘が無いところでの住宅街のナビ無し通行は止めた方が良いと思います。住宅街は直線部分が短く、直角でない交差点やカーブや分岐点で見通しが利きません。
「南に進んでいるつもりが、いつの間にか北に向かっていた」なんてこともあります。
トップページ
レンタルバイク(50cc)
レンタルバイク(125cc)
レンタルバイク(250cc)
レンタルバイク(400cc)
レンタルバイク(大型)
レンタルヘルメット
お申込み・お問合せ
当社の特徴
レンタルバイク事情
沖縄の交通事情
沖縄の交通違反取り締まり事情
沖縄の天気
貸渡約款
重要事項
アクセスマップ
沖縄あれこれ
法定記載事項等
個人情報取り扱いポリシー
よくある質問
日焼け対策
寒さ対策
無料送迎について
ページトップに戻る
沖縄・恩納村でレンタルバイク
沖縄の恩納村で唯一の正規レンタルバイク店「沖縄レンタバイク」(レンタカー事業者)
事業内容:オートバイのレンタル業務(レンタルバイク)創業時より府陸事輸第71号の許可取得
住所:〒904-0413 沖縄県国頭郡恩納村冨着209、電話:098-964-3235
営業時間:9:00〜19:00
※予定終了後は19時を待たずに閉店する場合があります
定休日:水曜日・木曜日・悪天候日・雨期と冬期の火曜日・年末年始、など
※悪天候時(台風[強風域以上]・強風[10m/s以上]・雨[60%以上])は臨時休業になることがあります