沖縄レンタバイクの「レンタルバイク事情」

沖縄レンタバイク レンタルバイクの予約

レンタルバイク事情

沖縄のレンタルバイク店


沖縄には離島を含め多くのレンタルバイク店がありますが、ここでは沖縄本島について触れます。
沖縄本島のレンタルバイク店は那覇市に集中しています。恩納村の正規レンタルバイク店は当店のみです。
レンタルバイクの種類は50ccのスクーターからビックバイク・ハーレーまであります。ただしパワーのあるバイクはウェット路面では大変危険です。 下手をすれば「アクセルひと捻り=数十万円」という悲惨な結果が待っています。もちろんパワーに関係なく急ブレーキも同じです。 何しろ沖縄の道路は滑る滑る「これじゃ雪道じゃないかよー」てくらい滑る舗装があります。
その上、当店以外のレンタルバイク店は標準では車両補償がありません。つまり大きな損傷の場合でも全額借主負担での修理となりますし、車両補償を付けている当店でさえ免責額までは借主負担となります。
「天気予報では晴れだから大丈夫」と考えるのは間違いです。沖縄にはスコールがありますし、天気予報がよく外れますから。
ちなみに沖縄ではハイパワーなレンタルバイクは少ないのです。

またバイクの整備状態、事故対応、故障対応、バイク傷つけ時の賠償、延長料金の計算方法、早期返却の返金計算方法などは各社様々です。充分吟味してからレンタルしてください。
また、沖縄は本州から離れているので純正部品の価格は1.2倍から1.3倍もしますので修理代は高くつきます。

正直申しまして、運転に自信のない方は250cc以上のバイクはレンタルされない方が良いと考えます。
当店でお借りいただく場合はもちろん、他社で借りられる場合は特に「何が何でも、絶対に傷つけない」という覚悟が必要です。



沖縄のレンタルバイク事故


沖縄の道路は濡れるとものすごく滑ります。
特に沖縄県産の石を使った「排水性アスファルト」という最新の舗装は、まるで雪道のように滑ります。
したがって、雨の日の転倒事故が非常に多いのが現実です。
さらに信じがたいでしょうが、停車時に靴が滑って転倒なんてのも起こっているのです。
転倒されると賠償の問題が発生します。楽しいはずの沖縄旅行が悲しい思い出にならないことを切望するのみです。
大切なのは「この道は滑る」という意識です。バイクの方全員が転倒しているわけではないのですから。



違法営業店に注意


軽二輪(126cc〜250cc)・自動二輪(251cc〜)を扱うレンタルバイク業は許可がないとできません。
許可を取るためには一定の基準を満たしている必要があります。
その基準とは「経営者に犯罪・関係業務での違反や処分などの経歴が無いこと」
「車両に一定以上の任意保険を掛けていること」
「定められた項目についてユーザーに説明がなされていること」などです。
基準さえ満たしていれば許可は取れます。
なのに許可を取っていないのですから何だかの問題を含んでいると推察されます。
※126cc以上は「わ」ナンバーになります。そうでなければ違法営業店です。
トップページ
レンタルバイク(50cc)
レンタルバイク(125cc)
レンタルバイク(250cc)
レンタルバイク(400cc)
レンタルバイク(大型)
レンタルヘルメット
お申込み・お問合せ
当社の特徴
レンタルバイク事情
沖縄の交通事情
沖縄の交通違反取り締まり事情
沖縄の天気
貸渡約款
重要事項
アクセスマップ
沖縄あれこれ
法定記載事項等
個人情報取り扱いポリシー
よくある質問
日焼け対策
寒さ対策
無料送迎について
ページトップに戻る
沖縄・恩納村でレンタルバイク
沖縄の恩納村で唯一の正規レンタルバイク店「沖縄レンタバイク」(レンタカー事業者)
事業内容:オートバイのレンタル業務(レンタルバイク)創業時より府陸事輸第71号の許可取得
住所:〒904-0413 沖縄県国頭郡恩納村冨着209、電話:098-964-3235
営業時間:9:00〜19:00
※予定終了後は19時を待たずに閉店する場合があります
定休日:水曜日・木曜日・悪天候日・雨期と冬期の火曜日・年末年始、など
※悪天候時(台風[強風域以上]・強風[10m/s以上]・雨[60%以上])は臨時休業になることがあります